更新:Study Talk vol.5―工学屋、国と市民に挟まれた市役所職員の困難を垣間見る[工学×組織]

哲学とは何か―自分にとって最も切実な問いを考え続けるということ

「哲学」と聞いて、「うげっ、ソクラテスとかなんとかが頭をこねくり回しているあれでしょ?」と、大なり小なり、そのような反応をされてきたことがある。

もしくは、「人生哲学」などというくくりで「友達なんていなくたって生きていける」とか「死なない以外はかすり傷」といった人生訓から、「ひとは努力をする限り迷うものだ」(ゲーテ)といった名言を想像するかもしれない。

しかし、「本当にそうなのだろうか?」

「そもそも友達とはなんなのか?」

「死ぬ、生きるとは何をさすのだろうか?」

哲学とは何かとありきたりな疑問に応えるとするならば、それは徹底的に本当のところはどうなのだろうかと「問う」ことにこそある。

「生き甲斐がない人生に意味はない」「苦しくても生き抜くべき」「義のためには死もいとわない」といったさまざまな考え方にぶつかり「それにしても本当はどうなっているのか」と気になりはじめたとき哲学ははじまるのだった。「本当はどうなっているのか」と突き詰めていけばいくほど、さまざまな問題が枝分かれして生じてくる。考えつめる過程で、ひとつの結果がえられたかに見えても、新たな疑問や状況にぶつかれば、はじめから考え直さなければならない。哲学とは「哲学する」という動詞でよぶしかない、こうした状態のことである。

上記は貫成人(2004)『哲学マップ』の冒頭を引用したものだが、まさしく哲学とは「哲学する」ということでしか表現することしかできない。

つまり、過去に「アリストテレスは◯◯といった。」ということは単なる「知識」でしかなく、それがその発言をした人にとっての「哲学する」ということにはならないということだ。

言うなれば、「疑う」ところから哲学ははじまる。

「本当のところどうなのか?」ということを自分が納得できるところまで、他人にも同じように説得的に論じれるようになるまで、徹底的に疑い”続ける”ことにこそ、哲学は宿ると言えるだろう。

結局のところ、「自分にとって何が最も切実な”問い”なのか」ということをつかむことなしに、「哲学とはなにか」などということに応えることはできない。

であるから「哲学する」ということは、徹底的に「問う」ということであるし、さらに言えばその問いを持つ「自分と向き合う」ことを否が応でも必要になる。

単に「◯◯は△△だ」と得意気に語ることは哲学ではないのだ。

Next Article

個人から普遍への問いである「哲学」と精神史としての「哲学学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です