批判的談話研究に出会った経緯―哲学との接点を垣間見て選んだCDS

批判的談話研究(Critical Discourse Studies:CDS)にどのようにして出会ったのか。

そんな経緯を書いてみたいと思います。

本格的哲学の道を断念して

大学に入り、大ざっぱに自分の所属する学部の内容が分かってきたときにするのが、ゼミ選び。

そんなゼミ選びが迫っていた時に、僕が最も興味・関心を持っていたのが哲学でした。

最初は言語学なんて視野に入っていなかったのです。

そこで本気で哲学を学ぶかどうかの選択で悩んだのですが、そうするためには学部を変えなければいけません。

そして、本格的に研究していくとなると、哲学では英語のみならず「ドイツ語 or フランス語」に加え「ラテン語 or ギリシャ語」が必要となります。
西洋以外の哲学ならその地域、国の古語が必要。

財政的にはとてもそんな時間は残されていませんでした。

様々な出会いに導かれて

そんな折に出会ったのが、国際関係を専門にして学ぶ当時大学院修士1年の先輩でした。

所属していたのが国際系の学部だった関係上、どちらかと言えば哲学などといった虚学より実学の方が好まれる環境だったため、その先輩として、研究生として国際関係学を学びながらも哲学に対する知見を持った方と出会えたのは非常に幸運だったなと思います。

そうして自分の問題意識等を語るうちに、学部を変えずとも哲学的な学びを活かせると思うようになりました。

また、もともと入学当時にメディア関係(特にジャーナリスト)の就職をできればと考えていたため、参加していた広報冊子制作では取材や記事の執筆を経験しながら、言葉への興味がないわけではなかったです。

そんな事情のもと、唯一あった言語人類学・社会言語学のゼミに所属することを決めました。

自分のやりたいことをゼミの先生に伝えたところ、

「好きにやってみなさい。

この言葉を頂きました。

最初はウィトゲンシュタインについてやってみたいなどと思っていましたが、いざ論文を書くとなり、構成をどうするかに頭を悩ませていたところ知ったのが批判的談話研究でした。

たまたま卒業された先輩、それにそれまで親しくさせてもらっていた先輩が書いた卒論のテーマが「ゆとり教育」に関する批判的談話研究。

「自己責任」について哲学的に考えたことをきっかけに哲学に再び耽ったこともあり、哲学・言語学・社会学等の領域に関する自己責任論の批判的分析を行ってみたいと思うようになったのです。

研究の延長線上としての「批判的な読みの提示」

他にも様々な出会いや経験を経ながら、実際に「自己責任分析」に関する論文執筆を行ったところ、批判的談話研究の理念である「談話・言説分析を通した社会的不平等の解消」「批判的な読みの提示」に魅かれ、この分野を自身の専門にしていこうと決めることができました。

この批判的談話研究では、講演等の実践的な活動を行うことも研究の延長線上のものとして捉えられています。

そこで、この『Discourse Guides』を一つの足掛かりとして「批判的な読みの提示」だけでなく「批判的な読みの方法」もお伝えしていければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です